さくぞうとゆかいな仲間たち

綾瀬はるかちゃんと佐々木蔵之介さんを応援しています

八重の桜-第8回-

大河ドラマ・八重の桜の第8回を観ました。

yae_08_001.jpg yae_08_002.jpg 
yae_08_003.jpg 

幕府の攘夷決行を促す朝廷。文久3年5月10日を攘夷の決行日と約束させられる。

yae_08_004.jpg yae_08_005.jpg 
yae_08_006.jpg 

倒幕を目指す攘夷派の不逞浪士に壬生浪をぶつける策に出た会津。

土方歳三と斎藤一は会津まで転戦します。のちに会津に残って新選組隊長となる斉藤一の方がメインになるんでしょうけど、寡黙なイメージなので、降谷健志でもイケるでしょう。

kumi_04_.jpg 

ちなみに2004年の大河ドラマ・新選組!では、オダギリジョー。この時も最初は寡黙で良かったのよ。

yae_08_007.jpg 

会津藩と壬生浪士組の取り次ぎ役となる秋月悌次郎。
本来の取り次ぎ役は公用方・広沢富次郎のはずですが、のちに話が会津に移るのでここは秋月悌次郎にしたのでしょう。

kumi_16_.jpg 

ちなみに大河ドラマ・新選組!では堀部圭亮。

会津藩で一番好きな藩士は、秋月悌次郎なのです。

yae_08_008.jpg 
yae_08_009.jpg 
[ 2013/02/24 23:59 ] 新選組 | TB(0) | CM(0)

新選組!-第23回-

八重の桜、第8回でとうとう新選組が登場するということで、久々に2004年の新選組!を見返してしまいました。

kumi_23_001.jpg 

八重の桜の第7回で、御所にて、孝明天皇に拝謁する松平容保公のシーンがありましたけど、新選組!第23回でも同様にありました。 

筒井道隆の松平容保公もなかなか良いのよ。
[ 2013/02/23 23:21 ] 新選組 | TB(0) | CM(2)

八重の桜-第7回-

大河ドラマ・八重の桜の第7回を観ました。

yae_07_001.jpg yae_07_002.jpg 
yae_07_003.jpg yae_07_004.jpg 

文久二年の秋、京では天誅の嵐が吹き荒れていた。

yae_07_005.jpg 
yae_07_006.jpg 
[ 2013/02/17 23:36 ] 綾瀬はるか | TB(0) | CM(2)

映画 ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

映画『ライフ・オブ・パイ』を観ました。

lifeofpi.jpg 

第85回アカデミー賞で、作品賞をはじめ11部門でノミネートされた本作。

さすがにオスカー作品賞は獲れないと思いますけど、全編VFXのトラだけでも見て損は無いと思います。
[ 2013/02/11 22:33 ] 映画 | TB(1) | CM(2)

ハンチョウ6-第5話-

ハンチョウ6の第5話を観ました。

hancho6_05_001.jpg 
hancho6_05_002.jpg 

フリーの記者が殺された。
[ 2013/02/11 22:05 ] 佐々木蔵之介 | TB(0) | CM(2)

八重の桜-第6回-

大河ドラマ・八重の桜の第6回を観ました。

yae_06_001.jpg 
yae_06_002.jpg yae_06_003.jpg 
yae_06_004.jpg 

松平容保公が京都守護職を拝命する回。

yae_06_005.jpg 
yae_06_006.jpg 
[ 2013/02/11 12:20 ] 綾瀬はるか | TB(0) | CM(0)

終電バイバイ-第三夜 南千住駅-

終電バイバイにヨーロッパ企画の面々が出てました。

shuden_byebye_03_001.jpg shuden_byebye_03_004.jpg 
shuden_byebye_03_005.jpg 
shuden_byebye_03_006.jpg shuden_byebye_03_007.jpg 
shuden_byebye_03_008.jpg 

主人公がとある駅でもし終電を逃してしまったらどのようにして始発まで時間を潰すのか!?

全10回すべて違う設定の話&主人公だが、演じるのは「全て同じ役者」。

その主人公に濱田岳。また、案内人として東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦。

1週間ほど遅れて関西で放送されるのです。
[ 2013/02/09 17:35 ] ヨーロッパ企画 | TB(0) | CM(0)

映画・ボクたちの交換日記

2月6日、大阪ステーションシネマシティにて、鈴木おさむ原作『芸人交換日記』の映画化『ボクたちの交換日記』を観ました。

伊藤淳史、小出恵介、内村光良監督登壇の先行プレミア上映でした。

koukan-nikki.jpg 

内村光良監督によると、キャストについてプロデューサーから田中役(本を書ける才能のある真面目なボケ担当)に伊藤淳史はどうかと打診されるも、西遊記で共演してから家族ぐるみの付き合いで(関係が)近すぎるので丁重に断ったという。

その後、ルーキーズなどで優等生のイメージがある小出恵介に田中役を打診するも、食事に行った時にひどく大雑把で“がさつ”な面を見て、一発で甲本役(お笑いに対して情熱はあるものの、どこか不真面目なツッコミ担当)に決めて、田中役に伊藤淳史が再浮上して、改めて伊藤淳史にお願いしに行ったという興味深い話が聞けました。

[ 2013/02/07 00:35 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

ハンチョウ6-第4話-

ハンチョウ6の第4話を観ました。

hancho6_04_001.jpg 
hancho6_04_002.jpg 
hancho6_04_003.jpg hancho6_04_004.jpg 
hancho6_04_005.jpg 
hancho6_04_006.jpg 

小澤征悦は外務大臣の警護、比嘉愛未は八丈島警察署からの緊急要請により異動となってしまい、現場は佐々木蔵之介と福士誠治の2人だけとなってしまった。

相棒みたく、一度、蔵さんだけになったらいいのに。
[ 2013/02/04 22:38 ] 佐々木蔵之介 | TB(0) | CM(8)

八重の桜-第5回-

大河ドラマ・八重の桜の第5回を観ました。

yae_05_001.jpg yae_05_002.jpg 
yae_05_003.jpg 

安政六年(1858年)夏、大獄の弾圧が続く一方で攘夷派の浪士が異国人を襲撃する事件が続発。

yae_05_004.jpg 

松陰は獄中から同志たちに向けて熱く激しい言葉を書き続けていた。

yae_05_042.jpg 
yae_05_043.jpg 
[ 2013/02/03 22:50 ] 綾瀬はるか | TB(0) | CM(0)

映画・きいろいゾウ

西加奈子原作小説の映画化『きいろいゾウ』を観ました。

kiiroizou.jpg 

宮崎あおいのツマ、向井理のムコさん、柄本明のアレチさん。

宮崎あおいが演じるツマも原作どおりで予定調和で、原作の世界観はよく表現されていたと思います。

ただ、ツマとムコのそこにある愛情の物語とファンタジーとの間の微妙な感覚を映像にして魅せるのは、なかなか難しい。
[ 2013/02/02 22:43 ] 映画 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

大阪だい

Author:大阪だい
さくぞうではありません。

カウンター