さくぞうとゆかいな仲間たち

綾瀬はるかちゃんと佐々木蔵之介さんを応援しています

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル

安彦良和総監督アニメーション作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』を観ました。

「機動戦士ガンダム」でキャラクターデザイン、アニメーションディレクターを務めた安彦良和が自ら手がけた大ヒットコミック『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の“シャア・セイラ編”を全4話で描くシリーズの第1話。

gundam-the-origin_01_029.jpg 
gundam-the-origin_01_028.jpg 

劇場先行販売のBlu-rayも購入。
[ 2015/02/28 20:07 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

田辺画伯のかっこいい犬。-第1弾-

田辺誠一が描くキャラクターをデザインした文具「かっこいい犬。」シリーズ第1弾を見て来ました。

TNB_01_01.jpg 

缶バッジとクロッキーノート。

TNB_01_02.jpg 
TNB_01_03.jpg 

ポストカード全8種。

http://www.gakkensf.co.jp/search.php?i=118

やっぱり一番初めに描いたかっこいい犬は超えられないけど、癒されるわ。
[ 2015/02/28 18:26 ] その他 | TB(0) | CM(0)

映画・花とアリス殺人事件

岩井俊二監督、初の長編アニメーション映画『花とアリス殺人事件』を観ました。

hana-alice.jpg

14歳の本人にとってはとても大きな、第3者から見れば取るに足らない悩みを物語の軸とした、まさに岩井俊二ちっくなアニメーション。

キャラクターはヘタうまを狙ってるような感じですけど、背景はしっかりとしているな、と思ったら、美術監督が『言の葉の庭』の人でした。
[ 2015/02/22 19:27 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

映画・くちびるに歌を

新垣結衣主演映画『くちびるに歌を』を試写会で観ました。

kuchibiru_song_005.jpg 
kuchibiru_song_008.jpg 

恋愛映画といえば、の三木孝浩監督。

今回はラブストーリーでなく、“人間ドラマ”としての青春映画。“光”を効果的に使う抒情的な映像美に定評がある監督なので今回の清々しくて爽快な物語にぴったり。

kuchibiru_song_001.jpg 

新入生勧誘のためのパフォーマンスに素直に感動する生徒たち。

中学生のしかも男子となれば、合唱に抵抗を示しても不思議ではないけど、それに感化されて入部する男子生徒もいる。ほとんどが音大出の美人の臨時教員のガッキー目当てなんですけど。

自分も初めて大学で学歌を歌うグリークラブを見て、素直にかっこいいなと思った気持ちが蘇った。
[ 2015/02/21 22:46 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画/アメリカン・スナイパー

クリント・イーストウッド監督×ブラッドリー・クーパー主演の戦争映画『アメリカン・スナイパー』を観ました。

9.11以降のイラク戦争を舞台に、米軍史上最多160人を射殺した実在の狙撃手クリス・カイルの半生を描いた作品。

americansniper.jpg

戦争映画では、戦地で共に戦う仲間を軸に話が進むことが多く、このアメリカンスナイパーもそれを踏襲しているけれど、この主人公は愛国を矜持として基本的にひとりで苦しんでいる。

戦場で自らの判断で人を撃ち続けなければならない孤独が心に染みた。

ハート・ロッカーやアルゴのようにアメリカについて描かれた作品やクリント・イーストウッドがアカデミー賞に強いといっても、ひとりの人間をあまりにも英雄視し過ぎた感のあるこれは作品賞は獲れないと思います、知らんけど。

[ 2015/02/21 22:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画/チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

ジョニー・デップ主演のアクションコメディ映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』を観ました。

mortdecai.jpg

笑いがひとつもないのに、ゴヤの幻の名画『ウェリントン公爵夫人』を巡る四つ巴にも五つ巴にもなる争奪戦の退屈さったら・・・。

トランセンデンスに続いて、ジョニー・デップ好きには辛い。
[ 2015/02/21 22:44 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

小説・サラバ!

人気作家・西加奈子が作家生活十周年を記念して放った長編にして、第152回直木賞受賞作『サラバ!』を読みました。

saraba.jpg

母や姉に比べて、とことん受け身な主人公にとても、とても感情移入できた。

最後は泣きながら読み進めた。

人が亡くなったり、亡くなった人に思いを馳せる事象に出くわして泣いてしまう小説はあるけれど、これはまったく違った涙。

人が前に進むときの力強さに、こんなに感動するものなのか。
[ 2015/02/12 19:45 ] その他 | TB(0) | CM(0)

万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳- Blu-ray スペシャルエディション

綾瀬はるか×松坂桃李主演映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』のBlu-rayを購入しました。

q-kantei-movie_Blu-ray_0000.jpg 
q-kantei-movie_Blu-ray_000.jpg 

封入特典には、豪華ブックレット(28p)とポストカードが2枚。
[ 2015/02/02 18:05 ] 綾瀬はるか | TB(0) | CM(2)

舞台・天才、返り咲き

夕暮れ社 弱男ユニット 番外公演『天才、返り咲き』を観劇しました。

お笑い番組のプロデューサー(村上慎太郎)に新番組に起用されるために1週間以内に新ネタを作るように指示された2組の漫才コンビ、ハル子(稲森明日香)としず江(向井咲絵)のセットアップスと、兄・たかとし(伊勢村圭太)と妹・りほ(南志穂)のゴトー兄妹。

1週間経っても新ネタが思い浮かばないセットアップスのしず江が、ゴトー兄妹のたかとしから8万円で買ったネタを披露したり、ハル子のネタ作れない話、昔話を絡めたりしながら、弱男ユニットの過去に上演した演目を劇中で披露していく形式。

【劇中の演目】
1.Wフック船長
2.バーゲンセール
3.夏フェス!
4.スポーツジム
5.チューズ
6.ないものねだり
7.アルプス一万尺

“Wフック船長”の伊勢村圭太のフックの使い方、“夏フェス!”の向井咲絵のタオル使いに笑い転げた。

しっかりした劇も出来て、ショートコント的な笑いも届ける。

こんな“夕暮れ社 弱男ユニット”が好きだ。
[ 2015/02/01 09:30 ] 舞台 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

大阪だい

Author:大阪だい
さくぞうではありません。

カウンター