さくぞうとゆかいな仲間たち

綾瀬はるかちゃんと佐々木蔵之介さんを応援しています

映画・アイアムアヒーロー

花沢健吾による同名漫画を大泉洋主演で映画化した『アイアムアヒーロー』を観ました。

iamahero-movie_000.jpg 
iamahero-movie_001.jpg 

この最初のパニックシーン、笑うとこじゃないですけど、笑ってしまった。

iamahero-movie_002.jpg 

半分ZQN化した有村架純ちゃんの役割がいまいち分かりません。

英雄が最後まで見捨てない相手というのは分かりますけど、ほとんど寝てた(ZQNは寝ないらしいのでZQNではないという)し、最後はZQNの頭を片っ端から取っていくのかと思っていたけど活躍しないし。

漫画では重要な役なんですかね?

でも、個々のゾンビは楽しかったー。
[ 2016/04/25 17:09 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画・レヴェナント:蘇えりし者

レオナルド・ディカプリオ主演×アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品『レヴェナント:蘇えりし者』を観ました。

revenant_001.jpg 

前回のアカデミー賞で監督賞を受賞した『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の舞台裏から舞台上へと続くノーカット編集のような独特の緊張感に包まれた雰囲気から一転、大自然を相手にした冒頭のアクションで度肝を抜かれた。

[ 2016/04/25 17:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画・スポットライト 世紀のスクープ

アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』を観ました。

spotlight-scoop_000.jpg 

地元ボストンの数十人もの神父による児童への性的虐待をカトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダルを、アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」紙の記者チームが白日の下に晒す過程を描く物語。

spotlight-scoop_001.jpg spotlight-scoop_002.jpg 

アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で見事に復活を果たしたマイケル・キートンと、マーク・ラファエロがメインかな。

[ 2016/04/19 17:50 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画・ルーム ROOM

第88回アカデミー賞で初ノミネートにして主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンの演技が光る映画『ルーム ROOM』を観ました。

room_001.jpg 
room_002.jpg room_003.jpg 
room_004.jpg 

17歳の時にオールド・ニックと名乗る男に拉致され7年もの間監禁された女性・ジョイが「部屋」の中しか知らない5歳の息子・ジャックと外の世界に脱出、そこから始まる物語。

息子ジャック役に9歳の天才子役、ジェイコブ・トレンブレイ。彼を初めに予告を観た時には女の子かな?と思っていました。けれど、宣伝などで男の子と認識してびっくり。

でも、脱出後に警察に連絡する人も“お嬢ちゃん、大丈夫かい?”と声を掛けていたのでそういう演出だったんです。

[ 2016/04/10 19:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画・砂上の法廷

キアヌ・リーヴス主演の法廷ミステリー『砂上の法廷』を観ました。

sajou_001.jpg 

大物弁護士が自宅で殺害された。容疑者として逮捕されたのは17歳の息子マイク(ガブリエル・バッソ)。

sajou_002.jpg 
sajou_003.jpg 

拘留後、完全黙秘を続ける少年の弁護を引き受けたのは、被害者自身とその家族と面識のある敏腕弁護士ラムゼイ(キアヌ・リーヴス)。

何も語ろうとしないマイクをよそに開廷された裁判では、プライベートジェット機のCA、運転手、刑事、隣人と証人が次々と彼の有罪を裏付ける証言をする。

しかし、ラムゼイと助手はすべての証人がわずかな嘘をついていることに気付く。

sajou_004.jpg 
sajou_005.jpg 

また、被害者の妻であり、容疑者の母であるロレッタ(レニー・ゼルウィガー)が被害者である夫から虐待を受けているかのような証言も飛び出し、息子のマイクが母親を庇って罪を犯したかのような雰囲気に法廷が包まれる。

そんな中、黙秘を続けていたマイクが思わぬ告白を始める。

[ 2016/04/04 18:20 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

大阪だい

Author:大阪だい
さくぞうではありません。

カウンター