さくぞうとゆかいな仲間たち

綾瀬はるかちゃんと佐々木蔵之介さんを応援しています

映画/破門 ふたりのヤクビョーガミ

黒川博行の第151回直木賞受賞作を佐々木蔵之介×横山裕主演で映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』を観ました。

hamon-movie_001.jpg 
hamon-movie_002.jpg 

原作では、本作のように本家筋に顔を立てて、とりあえず破門しておいて、後に復帰させるという“段取り破門”という言葉を使っておらず、桑原が組から追い出されるような形になるシーンが印象的でした。二蝶会の代紋を使えなくなるのはイケイケやくざの桑原にとって死活問題であり、映画のように“堅気の桑原さんを見てみたいっすわ”みたいな軽いノリで済まされる話ではなかった。

hamon-movie_003.jpg 

タイトルロゴやサブタイトルの“ふたりのヤクビョーガミ”からハードボイルド感はまったく感じられなかったので予想通りの塩梅といったところでしょうか。

中高生を取り込まないと映画のヒットは望めないと考えて、あえて軽いタッチにしたんでしょうけど、桑原と二宮のお互い騙し騙される関係のドス黒い部分にクローズアップしてほしかった。

hamon-movie_004.jpg 
hamon-movie_005.jpg 

でも、蔵さんのカラオケシーンには、みぞみぞしました。
[ 2017/01/30 16:10 ] 佐々木蔵之介 | TB(0) | CM(2)

映画/沈黙 -サイレンス-

遠藤周作の同名小説をクリスチャンでもあるマーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙 -サイレンス-』を観ました。

chinmoku_001.jpg chinmoku_002.jpg 
chinmoku_003.jpg 

1640年、江戸時代初期。日本で布教活動をしていたイエズス会の高名な宣教師フェレイラが捕らえられ、厳しいキリシタン弾圧に対して棄教 (信仰を捨てる事)したという手紙がヴァリニャーノ神父の元に届けられる。

信じられない弟子のセバスチャン・ロドリゴ神父とフランシス・ガルペ神父はそれを確かめるため、棄教した日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へ潜入を図る。

[ 2017/01/23 18:07 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画/本能寺ホテル

綾瀬はるか×堤真一主演映画『本能寺ホテル』を観ました。

honnoji-hotel_001.jpg 
honnoji-hotel_002.jpg 

流れに身を任せて生きてきたOL繭子は、会社の倒産をきっかけに恋人の恭一と結婚することになり、彼の実家の京都へと向かう。

京都の路地裏にたたずむレトロな宿・本能寺ホテルに宿泊することになるが、そのホテルのエレベーターに乗ると不思議な世界へ迷い込み、気が付けばなぜか1582年の本能寺へとたどり着いていた。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長や森蘭丸と交流し、次第に信長の人間性に惹かれていく・・・。

[ 2017/01/15 20:50 ] 綾瀬はるか | TB(0) | CM(0)

映画/この世界の片隅に

のんちゃんが主演声優を務めるアニメーション映画『この世界の片隅に』を観ました。

空想でも楽しみを見出してきたすずさんが、前方の海に走れば、左手で彼女の手を掴んでいれば、立て板の隙間に飛び込めば、と現実での後悔を繰り返す様に心を乱される。

konosekai_001.jpg

幼少の頃からのすずさんの日常を何時間でも見ていたい気持ちにさせられ、また、これから普段と変わらぬ日常を営むであろうすずさんを想像させてくれるところに、この映画の凄さを感じる。

そして、のんちゃんが命を吹き込んだすずさんの魅力の破壊力ったら半端ない。

konosekai_002.jpg

防空壕に逃げ込む前の点呼を欠かさないすずさんがかわいくて仕方がないです。

ただ、そんなほんわかさせられるシーンでも戦争の恐怖と隣り合わせであるところに何とも言えない気持ちにさせられます。
[ 2017/01/11 17:51 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画/ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観ました。

r1_001.jpg 
r1_002.jpg 

旧三部作の一作目であるエピソード4『新たなる希望』で、主人公ルーク・スカイウォーカーが帝国軍兵器デス・スターの設計図を見て弱点に気付き、破壊に成功しますが、その時は謎だった設計図入手の経緯を描いた前日譚。

r1_003.jpg 
r1_004.jpg 

ローグ・ワンの一員である盲目の僧兵チアルートに痺れる。

本作ローグ・ワンの最後がまさにエピソード4の始まりの直前で、設計図を受け取るレイア姫の姿で終わりますけど、この姿を見るためだけに映画館に足を運んだようなもの。

スピンオフ第二弾は、エピソード7で死んでしまったハン・ソロの若かりし頃を描くよう。
[ 2017/01/11 17:50 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画・海賊とよばれた男

百田尚樹原作の同名小説を映画化した『海賊とよばれた男』を観ました。

自分が勤める会社の社長もこんな感じなのよ、実は。

kaizoku-movie_002.jpg

総ツッコミしたくなる、油持って来たけぇーと言ってしまった中途採用の鈴木亮平。

kaizoku-movie_001.jpg

19歳で嫁いだ綾瀬はるかちゃんがいいね。
[ 2017/01/05 18:15 ] 綾瀬はるか | TB(0) | CM(0)
プロフィール

大阪だい

Author:大阪だい
さくぞうではありません。

カウンター