さくぞうとゆかいな仲間たち

綾瀬はるかちゃんと佐々木蔵之介さんを応援しています

映画/君の膵臓をたべたい

住野よる原作の同名小説を浜辺美波×北村匠海主演で映画化した『君の膵臓をたべたい』を観ました。

【僕】をヒロインが全編仲良し君で呼ぶことに成功しているのに、ヒロインのお母さんが【僕】に名前を聞くくだりが無いのは残念ですけど、それよりも・・・。

ヒロインが託した想いを【僕】が実行するのが、

遅すぎー!!!そこちゃうー!!!

って、ツッコミ入れてしまう。

kimisui_003.jpg 
kimisui_001.jpg 

でも、高校編は浜辺美波ちゃんのかわいさ満載で超満足。

彼女って、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のめんまや、『咲-Saki-』の主人公と、結構危険な役を受けているのに、クオリティ高く演じているのはほんとに感心する。


そして、ヒロインの名前が“春の花”になっている、住野よる先生『春の花 三部作』のグッズ。

kimisui_002.jpg 

http://www.futabasha.co.jp/introduction/2015/kimisui/#goods_area

[ 2017/07/31 18:10 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画/ジョン・ウィック:チャプター2

キアヌ・リーブス主演の裏世界を背景に描かれるアクション映画の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』を観ました、

前作で殺された妻の形見の愛犬の復讐を果たしたジョンですが、今作は、その愛犬が殺された時に盗まれた愛車を取り返すところから始まる。

そう、前作から2年半振りの続編ですけど、劇中では数日しか経っていない。

johnwick_001.jpg 
johnwick2_002.jpg 

愛車を取り戻し、裏稼業から足を洗おうとしていたジョンに、姉殺しの依頼をジョンにしてきたイタリアンマフィアのサンティーノ。マフィアの主席の地位が世襲制で父であるボスに自分は選ばれなかったという身勝手な理由で。

サンティーノは、姉殺しの依頼を果たしたジョンの口封じのため、彼に700万ドルの懸賞金を掛け、NY中の殺し屋にジョン殺害を依頼する。

そこからNY中の殺し屋と対峙し、宿敵サンティーノを追い詰めるジョン。

前作の死者84人から141人に増えたんですって、恐ろしいわ。

johnwick_003.jpg 
johnwick_004.jpg 

最後は殺し屋の掟を破ってしまい・・・。

すでにシリーズ3作目となる続編の製作が決まっていますけど、前作と今作で一匹狼だったジョンが他の殺し屋と手を組み、殺し屋組織と相対する流れの予感。
[ 2017/07/14 18:10 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

映画/ハクソー・リッジ

メル・ギブソン監督による戦争映画『ハクソー・リッジ』を観ました。

第2次世界大戦の激戦地・沖縄の前田高地(ハクソー・リッジ)で武器を持たずに、たった1人で75人の命を救った男の実話。

hacksawridge_001.jpg

主人公のデズモンド・ドスに、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』でキリスト教宣教師を演じたアンドリュー・ガーフィールド。

自らの信仰を貫き通すのは感銘を受けますけど、エンドロールで自分の功績を嬉々として語る晩年の故デズモンドを見ると、名声に酔っている感が拭えずなんともスッキリしない。

hacksawridge_002.jpg 
hacksawridge_003.jpg 

前田高地での日本兵の集団での無双ぶりには恐怖を覚えるとともに、彼らも日本や家族を守るために激戦地に駆り出された市井の人だと思うと改めて戦争の悲惨さに心を痛めました。

ゲームのようで決してゲームではない、こんなに悲惨に描かれた戦闘シーンは最近では類を見ない。
[ 2017/07/14 18:08 ] 映画 | TB(1) | CM(0)
プロフィール

大阪だい

Author:大阪だい
さくぞうではありません。

カウンター