さくぞうとゆかいな仲間たち

綾瀬はるかちゃんと佐々木蔵之介さんを応援しています

映画・STAND BY ME ドラえもん

ドラ泣き、してきました。

doraemon-3d_001.jpg 
doraemon-3d_002.jpg 

タケコプターの浮遊感としずかちゃんのかわいさが異常。

本作は原作第一話の「未来の国からはるばると」から始まり、順に「たまごの中のしずちゃん(第37巻収録)」、「しずちゃんさようなら(第32巻収録)」、「雪山のロマンス(第20巻収録)」、「のび太の結婚前夜(第25巻収録)」、「さようなら、ドラえもん(第6巻収録)」、「帰ってきたドラえもん(第7巻収録)」と繋がる7本のエピソードから構成。

doraemon-3d_003.jpg

http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_0100408114

『ドラえもん総集編 2014年夏号』には、その7本に加えて、アンキパンや雲かためガスなどの映画に登場するひみつ道具の話も載っているので購入してみました。

550円。


大半がのび太としずかちゃんの恋路を描き、のび太とドラえもんの関係性は深く描かれていません。

そのため、最後の2本の「さようなら、ドラえもん」「帰ってきたドラえもん」に感動を覚えるのは“ドラえもん経験者”だけだと思いますけど、映画のコンセプトが“ドラえもんを観たことのある人向け”なので、その辺は割り切ってますね。

なんやかんやで“ドラ泣き”してしまう。
[ 2014/08/17 21:10 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
大阪だいさん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

>ドラ泣き、してきました。

今更ですが、地上波のテレビ放送を録画したもので、見ました。
インターネット上の意見を読んでみると、単なる「ダイジェスト」だとか、単なる「総集編」だとか書いてある意見が散見しますが、例え、既視感があったとしても、いいお話は、何度見ても、感動しますよね。(個人的な意見ですけども。)
なので、僕も、素直にドラ泣きしました。

>タケコプターの浮遊感としずかちゃんのかわいさが異常。

CGでリアルに描かれた秘密道具の数々に、ワクワクしました。
本当に、しずかちゃんの可愛さは、半端なかったですね。
でも、何故、しずかちゃんが、ドジで、何の取りえもなく、困ったときには、いつもドラえもんだよりの頼りないのび太君に魅かれるのか?不思議ですよね(笑)。
普通だったら、出木杉君だと思うのですけれどね^^

>なんやかんやで“ドラ泣き”してしまう。

「ドラえもん」は、子供の頃、レコードも、持っていましたし、単行本&コロコロコミックも愛読していて、「思いれ」や「愛着」のあるキャラクターなので、細かいことは抜きにして、僕も、なんやかんやで“ドラ泣き”してしまいました♪

まだまだ、寒い日が続いているので、風邪には、十分に、注意して、うがい、手洗いは、忘れずに、暖かくして、健康に、元気にお過ごし下さい♪
それでは、失礼致します。
[ 2017/02/19 20:27 ] [ 編集 ]
ひろPOPさん、こんにちは。

> 既視感があったとしても、いいお話は、何度見ても、感動しますよね。

そうそう、のび太の結婚前夜は何回かアニメでもリメイクされてますけど、あのベタベタ感がいいです。


> しずかちゃんの可愛さは、半端なかったですね。

そうですね、こう言うとただの変態ですけど。


昨日、タイムリーにアメトークでドラえもん芸人がやってて観てしまいました。
ロボットなのに蚊にさされたり、寒がったりするのは、人間の感情を知るためだって言ってたのが印象的でした。そこんとこ、考えたりもしなかったです。
[ 2017/02/20 16:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

大阪だい

Author:大阪だい
さくぞうではありません。

カウンター